子育てアドバイス



             勘違いしていませんか? 幼稚園受験準備  
            
2021年  新シリーズ第 11 回
 

                    ― 集団生活経験 
                           (10月22日更新)                       

  このコラムは幼稚園進学に際し、改めて考えていただきたいことについてお送り
 しています。

 1)幼稚園が知りたいこと
   前回、幼稚園が願書で入園前の「集団生活経験」の記載を求めている
  ことをお伝えしました。では、「社会性」という観点からどのような集団生活
  経験をしておけば良いのでしょうか。

 2)三項関係
   人との関わりで言うと、先生―自分―友達という「三項関係」が成り立つ
  集団が望ましいでしょう。三者が同じ空間にいたとしても、先生から子ども
  への一方的指導関係ばかり。それでは幼稚園が期待する「集団としての
  経験」とは言えません。大切なのは、先生との「タテ」の関係を軸としながら
  も、友だちとの「ヨコ」関係を経験してくること。これが1クラス20人以上となる
  幼稚園での集団生活
ベースとなるからです。

 3)年齢に応じた集団社会生活経験
   1・2歳では親子数組で過ごす空間に身を置くと良いでしょう。親以外の
  他者(先生)の指示に従って何かをする経験でタテの関係
を学べます。
  まだ、お子さんは他の子と遊ぶことはありませんが、
他の子の遊びを見る、
  他の子への自分の親の接し方を見ることが
できます。そして、それがヨコ
  の関係を学ぶ核となります。

                    hahako200.png

  では、2・3歳ではどのような集団生活経験をさせておけば良いでしょうか。
 次回は、これをテーマにお伝えします。
        
         ― 次回のコラムは11月5日UPの予定です ―
  
            

  ●募集についての最新情報は「募集案内」ページ へ

 案内書請求は こちら 

  ●家庭でもできる受験準備の仕方や教材は「教えるヒント素材集」

   

 


 

 

このページの先頭へ戻る