子育てアドバイス



             勘違いしていませんか? 幼稚園受験準備  
            
2021年  新シリーズ第4回
 

            3つの視座から 「子育て実践」―
                           (7月16日更新)                       

  前回、幼稚園進学に関する「3つの視座」についてお話ししました。今回は、
 視座の一つ「子育ての実践例」について少し詳しくお伝えします。

 1)育児目標との整合性
   どのようなお子さんに育てたいのかという「家庭の教育方針」と、
  その
ために実際に「どのように子育てをしているのか」という両者に
  整合性が
あることが大事です。たとえば、優しい子に育てたいと
  願書に書いて(
面接で答えて)おきながら「家族でキャンプに行き、
  自然に親しませて
います」というのでは何か物足りませんね。
   「なるほど、優しさを育むためにそういうことをしているのか」と
  先生を
納得させられる実践が望まれるところです。

 2)身近で平凡な日々の中で
 
  とはいえ、事あるごとに「優しさを意識した子育て」をするという
  のも現実的ではありません。日々の生活の中で地道な対応の継続
  大事です。キャンプで自然に親しませる、ベランダで野菜の栽培を
  する…のもいいと思いますが、その中で何か優しさに
繋がるような
  言葉のやり取りが聞かれると読み手・聞き手の心
にも親の思いが
  届くでしょう。

                          saibai200.png

              ― 次回のコラムは7月30日UPの予定です ―                                                         

  ●募集についての最新情報は「募集案内」ページ へ 

  ●案内書請求は こちら 

  ●家庭でもできる受験準備の仕方や教材は「教えるヒント素材集」

   

 


 

 

このページの先頭へ戻る